オリラジ中田が作ったXENOってどんなゲーム?YouTubeで話題沸騰中?

YouTube

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

この記事はYouTuberであり芸人のオリエンタルラジオ中田敦彦さんが作ったカードゲーム「XENO」について解説した記事になっています。


スポンサードリンク

XENOってどんなゲーム?

XENOは、プレイ人数2人から最大4人でできるカードゲームです。

22枚のカードを使います。むしろそれしか使わないので、特別な用意をすることなく遊ぶことができるのが特徴です。

この動画で語られていますが、このXENOは、人気カードゲームの「ラブレター」に影響を受けて製作されたものなのとのことです。

いくら影響を受けたといえど、実際に作ってしまうのが「さすがオリラジのあっちゃん!」というところですね。

XENOの価格と購入場所

中田さんの動画公開後、一躍YouTubeで話題になったXENOの価格・販売場所を調べてみました。

XENOには実は2種類のパターンがあります。

どちらもネットではAmazonで販売されています。

フリマサイトなどで転売されていることもありますが、人気ゲームが故に高額になっている可能性もあるのでお気をつけください。

通常版XENO

・価格:770円(税込み)
・購入場所
 Amazon:XENO(通常版)Amazon
 中田敦彦公式ショップ:幸福洗脳

豪華版XENO

・価格:8,800円(税込み)
・購入場所
 Amazon: XENO(豪華版)Amazon
 中田敦彦公式ショップ:幸福洗脳


スポンサードリンク

遊び方を解説

遊び方はとても簡単です。

  1. 1人1枚ずつカードを配ります。
  2. その後、順番を決め1枚ずつ引いていきます。
  3. 引いた人はそのターン持っている2枚のうちどちらかを場に出し、効果を発動します。
  4. これを順番に繰り返していきます。
  5. 山札がなくなった時点で一番数字の大きいカードを持っていた人の勝利です。

詳しくはプレイ動画をご覧ください。

そして以下が各カードの効果一覧です。

種類ランク枚数カードの効果効果の内容
英雄101枚潜伏・転生場に出せず、捨てさせられたら脱落。皇帝以外に脱落させられた時に転生札で復活。
皇帝91枚公開処刑相手を指名し、山札から1枚引かせたうえで手札を公開させる。さらにうち1枚を指定し捨てさせる。
精霊82枚交換指名した相手の手札と自分の持っている手札を交換。
賢者72枚選択次回の手番で山札から3枚引ける。3枚のうち1枚を選び残り2枚は山札へ戻す。
貴族62枚対決指名した相手と手札を非公開で見せ合い、数字の小さい方が脱落。
死神52枚疫病相手を指名して山札から1枚引かせ、相手の手札の一方を指定して捨てさせる。
乙女42枚守護次回の手番まで自分への効果を無効とする。
占師32枚透視指名した相手の手札を見る。
兵士22枚捜査相手を指名して手札を言い当てる。当たると相手は脱落。
少年12枚革命最初の1枚が公開された場合は効果なし。場に2枚目の少年が出た時には皇帝と同じ「公開処刑」が発動。

まとめ

いかがだったでしょうか。

あっちゃんのYouTubeでは、メンタリストのDaiGoさんや、金持ちYouTuberのヒカルさん、東大王の伊沢拓司さんとの対戦動画も上がっていますのでぜひみてみてください。

通常版であれば価格もお手頃で、これから更に流行りそうなゲームですね。

ぜひ一度遊んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク